初めてでも安心!プロジェクターのレンタル方法

覚えておくべきプロジェクター選びのポイント

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

プロジェクターを使うに当たって

機能は同じ、映像や画像を前方に映し出すプロジェクターですが、使用する場所や場面によって、必要になってくる性能は違ってきます。そのため、その必要な場面ごとに特化したプロジェクターに分類されます。 使用する場面に適した性能を選んで、必要なプロジェクターをレンタルしましょう。

「ルーメン」と「解像度」

プロジェクターを選ぶに当たり、値段とスペックから比較することになるかと思います。プロジェクターごとの、最も大きな違いは何でしょうか。それは「ルーメン」と「解像度」です。 「解像度」はなんとなくわかりそうですが、「ルーメン」という言葉は馴染みが全く無いでしょう。 ここではそれらの言葉の解説をします。

解像度はただ高ければ良いというものではない!

普通、スペックの数字は高ければ高いほど良いはず。そう思うのは当然ですね。 確かに解像度が高ければ画像は美しくなりますが、こと解像度に至っては、ただ高ければ良いものではありません。正しく適切な解像度、及び縦横比率のものを選ばなければ、せっかくの性能が無駄になってしまいます。こちらでよく確認しましょう。

プロジェクターの基礎知識

プロジェクターと聞いて、最初に思い浮かぶ使用光景は何でしょうか。パッと思いつくのは、会社の会議室でプレゼンやセミナーを行う際、スクリーンにグラフなどの資料を投影する時に使っている光景でしょうか。
ホームシアターとして一般家庭の壁に、大画面で映画を映し出して鑑賞するのも乙なものです。最近ではテレビよりもずっと安価で大画面を楽しめるということで、テレビを家に置かず、代わりにプロジェクターをテレビ代わりに所有している方もいるようです。
また、結婚式でも新郎新婦の想い出などを振り返る演出に一役買うこともしばしば。
美術館や展示会で使うことで、普通のディスプレイには無い表現技法で閲覧者を楽しませてくれたりもしますね。

さて、そんな様々な用途に利用できる上に、テレビにも置き換える事が可能というプロジェクターですが、使用にはどうしても制限がついて回ります。
ご想像の通り、明るい場所、直射日光の当たるような場所では特に、綺麗な映像を見ることが出来ません。当然、映し出すためのスクリーン、もしくは大きな壁も必要です。
また、精密機器ですのでメンテナンスも必要になります。レンズのくもりや汚れを綺麗にするのは勿論、排熱部のフィルターに詰まるホコリを定期的に掃除しないと、熱暴走や突然の故障に繋がります。
光を発するランプも、おおよそ2~3000時間ほどの使用で寿命が来て、高価な買い替え交換をする必要があります。
会社の会議などで頻繁に使うのならばともかく、イベントなどでたまに使う程度ならば、専門店からレンタルして使った方が安価でしょう。

このサイトでは多くの種類があるプロジェクターをレンタルする際、利用環境に合わせて選ぶポイントをまとめました。
尚、利用頻度が高く、環境が整っている場合には購入した方が安上がりになる場合もあるので、必ずしもレンタルが良いとするものではありません。
プロジェクター選びの参考にご活用ください。