初めてでも安心!プロジェクターのレンタル方法

覚えておくべきプロジェクター選びのポイント

「ルーメン」と「解像度」

ルーメン

プロジェクター選びで最も重要であり基礎的なポイントは、「ルーメン」です。これは明るさ(輝度)を表す単位(lm)のことで、1m離れた先にある一本のろうそくの光から、手元で感じられる明るさを指します。1000ルーメンで、1m先に1000本のろうそくがあるような明るさということになります。当然、この数値が高いほど映し出される映像は明るくなります。
ビジネス用のプロジェクターは、多くは昼間に使用され、また会議室はさほど遮光性が高くない事を想定して3000ルーメン以上の明るさで作られているものが多くあります。
反面、一般家庭用のプロジェクターは、家庭内で使う場合の多くは、遮光カーテンや夜間に使用されることを想定している為、大体2~3000ルーメン程度であることが多いようです。
ちなみにモバイル型は1000にも満たない数値なのに対し、業務用は破格の1~30000ルーメンです。

解像度

解像度もプロジェクターの選択に検討する必要がある要素です。
解像度とは、映像を映し出す小さな光の点、ドットの数を表したものです。縦と横のドット数で表され、「800×600」や「1920×1080」などのように表記されます。
また、ドットの細かさ以外に16:9(ワイド)や4:3のように、縦横の比率をも表しています。一般的に、「WXGA」「XGA」「FULL HD(フルハイビジョン)」などというように表されます。「4K」もこの中に含まれます。
解像度も高ければ高いほど映像はきめ細かくなり小さな文字などもよく読めるので、高い方が良いのですが、ある点でよくよく考慮する必要があります。
こちらについては次のページにて詳しく説明しています。